危険信号の察知 | 歯の矯正で爽やかな笑顔を演出~キラキラ健康な歯~

危険信号の察知

違和感があっても平気な人は危険信号

歯の痛みや腫れは誰が経験しても辛いものです。特に夜や休日など歯医者がやっていない時間帯の痛みは耐えがたいものがあります。市販の薬も家に常備されていれば良いのだが、残念ながら無い場合もあります。また、市販の薬があってもすでに患部が大きく腫れていたり、すでに激痛がのぞんでいたりすると中々傷みは直ぐには消えないでしょう。しかし、そうはいってもぐずぐずして歯医者に行かない人や歯医者さんを毛嫌いして嫌がる人達も世の中には大勢います。では、このような歯医者さん嫌いな人が周りにいたり家族にいるなら、どのように治療をすすめたらよいでしょう。またどうしたら治療に前向きになってもらえるのかを紹介します。

歯の治療には結果と節約で訴える

上記でも考えたように、歯の治療に積極的でない人へは家族や周りの人には何ができるでしょう。まず、結果を柔らかく丁寧に伝えることが必要となります。例えば、こんな風に伝えます。まず、治療をしない歯がどんな事になりどんな痛みがあらわれるのか、そして最悪の場合には入れ歯や自分の歯ではなくなる事を伝えることができます。自分の歯の状態をまだ大丈夫だと思い込んでいる人には、痛んだ歯をほっておくと痛みが激しくなり治療も長くなってしまうと伝えてみましょう。治療が長いと、通院する必要もある為費用の負担も大きくなってしまいます。つまり、時間と費用の節約にはどちらがよいかということをしっかり伝えることです。それを優しく訴えるように説得することで歯科へ行くことの重要性を理解してもらえます。加古川市の歯医者は、患者一人一人の歯の状態をみるので、適切な治療を提案してくれます。その為、加古川市に住んでいる多くの人が歯科を利用しています。